So-net無料ブログ作成
検索選択

今日も元気で ♬ 良い一日でありますように ♬

マイナス金利 [話題]

気になるいろいろな問題 その3
マイナス金利

すでに欧州でも実施されているが、まさか日本が…、


そう思われた方が大勢おられたと思います。



私も経済学者ではないので詳しいところは専門家に任せるとして、


今、その影響がどう表れているのか見てみようと思います。



まずは世界のマネー為替相場でどの様に流れたのか?



このところ、中国経済成長の陰りで世界の通貨が、


じわじわと円買いに動き始め、円高傾向になって来ていましたが、


1月29日マイナス金利発表と同時に、


為替相場は一気に円安(3円安)に振れました。



この時の理由は、マイナス金利=円安=株高という当たり前の理屈で、


これから日本の円は金利が下がり続けるかも知れない…


そのような思惑から世界のマネーが円を売ってドル買いに走ったと思われます。



日銀も、しばらくは円高に歯止めが掛かるので、


日本の株式相場もそれを好感し、持ち直すだろうと思っていたかもしれません。



ところが、安心したのも束の間で、


昨年12月に金利を上げたばかりのアメリカの経済指標が、


予想を下回り始めたのを理由に、今度は一転、ドル売りの流れとなり、


相対的には、極端な円高に逆ブレを起こしてしまいました。



約2週間弱(1/30~2/11迄)で、一気に円高(10円高)が進んでしまい、


株価も15000円台に落ち込んでしまった、


と、いうのがこの間の動きです。



日銀の黒田氏すら極端な円高を予測出来ていなかった訳で、


素人の私には想像もしなかった結果です。



原因は色々あるとは思いますが、関連記事を読んだ限りでは、


ドルの金利上昇(買い)の潮目(織り込み済み)が売りに変わっていて、


マイナス金利の当たり前の理屈を飲み込んでしまった為、


と言うのが私にとって一番わかりやすい原因でした。



そこで話は変わりますが、

 

 

 

 

 

 




FX(為替取引)
に参加している多くの人が、


マイナス金利効果が途中から真逆の結果になるという、


荒れた相場の動きに、ついて行けたのだろうか…。




恥ずかしながら私は面食らってしまい、途中で決済してFXから一時退避、


結果的には傷を浅くできました。




このような私がFXで儲かる訳がない、とは思うのですが、


ひそかに損しないFXの売り買いの方法を考えています。



それは、対ドルで述べますが、


円安上限124円、円高上限76円だから、


中間の100円程になった時に売りと買いを同時に行えば、


どちらかに振れて大幅に益が出た時に益の方を決済し、


もう片方が大幅に逆振れして益が出るまで、追加の売買はしないでひたすらに待つ、


と言うものです。



この方法だと、行って戻った時にはどちらに振れても益+益が出ると言う、


夢のような事を真面目に考えているのですが、


まだ一度も成功していません。

(笑ってもいいです)



成功しない原因は


「もうこの辺で決済しよう」「この辺で反転するだろう」と、


途中で我慢しきれなくなるからだと推測しています。



基本的には「ほって置くのが」一番なのかもしれませんが、


小さい資金では追加証拠金の問題も絡むため、


どうしたら良いのか分からなくなってしまいます、


少ない資金で絶対利益の出る売買方法があれば良いですね。

 

どなたか知っている方がおられたら、ぜひ教えて下さい。

 

と言う事で、最後は、


絶対損しないFX取引方法の、夢のような話になってしまいました。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

明日も元気で ♬ 頑張って行きましょう ♬

広告スペース
Copyright © 日刊 ぴぃーぷる 編集部 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。